Printer for parper

トナーのあれこれ

安いだけじゃなくエコにも貢献

近年、コストを大幅に削減できることからリサイクルトナーが評判を呼んでいます。印刷を頻繁にする方にとって、純正トナーの高額な代金は悩みの種となっています。このような背景から、リサイクルトナーが評判を呼んでいるのです。 リサイクルトナーとは、空になったメーカー純正のトナーカートリッジに汎用のトナーを充填し直したものを言います。メーカー純正品よりも30%〜90%低価格で手に入れることができます。また、リサイクルトナーはエコの観点から見ても、再利用することでごみを減らし二酸化炭素の削減に役立っているとも言えます。 リサイクルトナーは販売している業者によって品質が変わってきます。大事なプリンターを壊さないためにも、評判の良い信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

コストを抑えるならリサイクルトナー

世の中に存在するトナーには「リサイクルトナー」「汎用トナー」「純正トナー」と大きく3つに分けられます。 純正トナーとは、電気店などで購入することができる一般向けのメーカー純正トナーのことを言います。汎用トナーは主に企業向けに製造されているもので、一般向けのメーカー純正トナーと品質に差はありません。リサイクルトナーは、使用済みのカートリッジを回収・洗浄後にトナーを充填し直したものを指します。 価格の高い順に「純正トナー」「汎用トナー」「リサイクルトナー」となっており、現在では純正のものよりも30%〜90%も安く手に入れることができる上、ごみを出さないことから地球環境保全のためにもなるリサイクルトナーが評判となっています。 ちなみに、なぜ純正トナーが高額なのかというと、プリンターのメーカーはプリンター本体ではなくトナーなどの消耗品で利益を生み出そうと考えています。特にトナーは比較的頻繁に交換が必要になりますので、ここに利益を乗せているわけなのです。

Copyright© 2015 スマートフォンなどにはIPフォンの利用|今までと違った操作で電話 All Rights Reserved.